スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


page:50 灰2
2011.05.06(Fri)
KOFXIII アッシュ サンキュロルートについてのまとめ

ピクチャ 2

サンキュロはレシピによってはダメージが変わり様々なルートがあるため
自分の腕と相談しながらレシピを構築する必要がある。

・強ニヴォ>4D>強カプ>4Dスカ
・強カプ>4D>強カプ4Dスカ


この2つを基本にしながら、発生速度や相手の高さ、残り時間を考え、
用途に応じて、弱カプ、弱ヴァン、強ヴァン、4D、4Bで調整して効果終了まで拾い続けたい。
自分なりのレシピを作ってみるのも楽しいと思う。
途中のレシピはある程度適当でも構わないが、締めはゲージの回収効率を考えると

①4Dスカ>サンキュロ終了>弱ヴァン>強ヴァン>4D>追撃
②4D空キャン>サンキュロ終了>強ヴァン>4D>強ヴァン>4D>追撃

このどちらかで締めたい。

特に②の締めだとPゲージ、Dゲージともに大きく回収し、その後の状況がいいため
こちらで締めるルートを構築するほうが効率がよい。
よって②で締めるルートを考えてみる

始動は全て下記強ニヴォからスタートとする

サンキュロ>強ニヴォ>4D>強カプ~

・2B>4B>サンキュロ(自分端背負い~中央付近位置)
・対空サンキュロ
・地上生ヒットサンキュロ

(6Dスカ(4D逆入力)>4D>強カプ)×2>4B>
 強ニヴォ>4D>強カプ>4Dスカ>弱ヴァン>強ニヴォ>4D>強カプ>4D空キャン~


この3パターンは端までが遠く状態、もしくはサンキュロが近い距離でヒットした場合のレシピで
そのまま繋いでいまうと最初の強ニヴォ>4D>強カプで相手を追い越してしまうため
6Dスカ等での位置調整が必要。この位置調整が上手くいけば4Bの段階で端に到達するため
そこからは残り時間の関係でこのようなレシピにしてみた。もっといいレシピもあるはずだが
どうせダメージにして50も変わらないはずなので興味があれば探してみてもいい


・2B>4B>サンキュロ(中央より端寄り、端近め)

 強ニヴォ>4D>強カプ>4Dスカ>(強カプ>4D>強カプ>4Dスカ)×2
 強カプ>4D>強カプ>4D空キャン>強ヴァン


中央付近で2B>4Bからサンキュロを繋いだ場合は、最初の強ニヴォ>4D>強カプで
丁度自分の目の前に落ちてくる
ため、4Dスカ、6Dスカのような特殊な操作はいらず
そのまま次の強ニヴォで拾える。この強ニヴォで拾った後はほぼ端にいるはずなので
通常の強カプ>4D>強カプ>4Dスカを3セット決め、最後の4Dを空キャン強ヴァン
してやると②締めルートへいける


HDコンボ後などで端付近でヒットした場合は下記

 4D空キャン>強ヴァン>(強ニヴォ>4D>強カプ>4D空キャン>強ヴァン)×3

特に説明はいらないが端付近でサンキュロがヒットした場合には
(強ニヴォ>4D>強カプ>4D空キャン>強ヴァン)×4で丁度②締めのルートになり最大ダメージ。


※4D空キャン強ヴァンは4D>1236Cで出すと結構安定してでるような気がします。
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。