スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


page:49 雷電
2011.05.03(Tue)
対ライデン

ピクチャ 1

1ボタンタメ2ボタンタメと違いはあるが2ボタンタメについて考えてみる

開幕~48秒まで
開幕から12秒たつまではまでは強気に攻める
体が大きく2ボタンタメだと転がれないため、
メクリを中心に貪欲に飛んでもいいかと思う。
EXライデンボムには飛びが落とされるが、
ゲージを吐かせればその後ドロップ貰ってもEXタックルの回数を減らせる
ライデン側としては寄られたくないはずなので下記の技で対応してくる

・毒霧
・遠C、屈C、立ちA
・ジャンプC
・弱タックル


毒霧は弱は発生が早いが不利がー7程
強は発生が遅いが有利
強霧は有利が取れるものの発生が遅く、発生前にJ攻撃が噛み合うと
HDコンボなどで死ぬ可能性もあるため、単発では使い辛い
よって単発で出すなら弱霧かと思われる。
見てから飛び道具無敵のあるEX技などで抜けつつ反撃したい。

遠C、屈CはJ攻撃から手痛いコンボを決めたいが
見てから飛んでも間に合わないor飛びの途中に引っかかるため先読みで飛ぶしか無い
何も出してなかった場合はライデンボムで落とされる可能性が高いがそれはしょうがない
ドロップが溜まるまでは立ちAは食らっても安いので気にしないか露骨に振ってくるようなら
屈Dなどでダウンを奪い2ボタンタメだとダウン回避はできないため起き攻めに懸ける。
起き攻めの際は超必投げとEXライデンボムの逆2択も視野に入れること

弱タックルは中距離でおもむろに出してきやすい。
こちらの行動に引っ掛けるのが狙い。ガード出来れば-6なので発生の早い技で反撃したい

48秒以降
ここからはライデンもドロップが溜まり即死が可能になるため
こちらから迂闊に飛ぶ事は許されない。
走り込むのもドロップに引っかかる可能性が高くなるので基本的にはしない
屈ガードを基本とし、飛び込む場合は確実にガードさせれる距離で通常or大ジャンプCDで飛ぼう
立ちAと相打ちになってもCDであればダウンが奪えるためで
他のJ攻撃だと相打ちでもドロップをもらってしまう

こちらがしゃがんで待つ事で立ちA対空からの事故死のリスクを大幅に下げることができる
この状態になるとライデン側が攻め込んでくる形になるため、そこをどう捌いていけるかが重要
この状態になった時のライデン側の行動は下記のようなものだと思われる。

・ダッシュ遠C、ダッシュ屈C
・ダッシュ超必投げ
・弱タックル
・ダッシュドロップ


ダッシュ遠C、屈Cはガクラ値稼ぎで出してくることが多い
これについてはこちらも屈Bなどを差し込みダッシュを止めたい
屈B程度の硬直だとドロップは刺さらないと思うので単発で置いておくようにしたい
もちろん連打していると刺さります。
ガクラ値を半分削られるとドロップでガクラ確定のため、そうなる前に止めたい
とは言うものの中々難しくこれを露骨に振るようであれば
何処かで割り切って飛んでリスクを追わせるしか無い。
また屈Cからはタックルなどに連携させてくることも多くガード出来たらきっちり反撃したい。

ダッシュ超必投げとダッシュドロップはもう2択なのでどちらかを捨ててお願いジャンプか
お願いガードで読み合うしかない。
ダメージ的にはドロップを貰ってしまう方が痛いので
投げは捨てて割り切ってしゃがみ続けてもいい。

こちらが飛ばずガンガードに撤することでライデン側には
ぶっぱドロップか超必投げ、ガクラ狙いの選択肢が生まれることになる

焦ってお漏らししてきたぶっぱドロップ、ダッシュドロップには3F発生以下の技で
痛いものがあるキャラはそれをキッチリ決めたい。
無いキャラはしょうがないので通常投げでも狙う(外される可能性はあるが)

超投げは上にも書いた通り、これらの選択肢の中では一番安いので食らっても割り切る

ガクラ狙いはおそらく通常技>強霧>通常技>タックル>ドロップ
この流れでくるのが一般的なため、通常技>必殺技の部分に割込みたい。
強霧のあとはライデン有利のため可能であれば強霧を確認してから割り込みたい。
他の方法からガクラするにしてもガクラするにはおそらくドロップを使うはずなので
それからのコンボで即死を組むことは難しい。
ドロップを使わないガクラの場合は何度も通常技等を当てなければならず
その場合はこちらにも割り込みポイントが増えてくるので見逃さないようにしたい。

ありがたくドロップをやり過ごす事ができたら強気に戻って攻め立てよう。
長々と書いてみたが俺自身もこれは課題としている所であり、自分用のメモを含めて記事にしてみた。
実際は迂闊に飛んで痛い目を見ることも多々ある。

まあ対ライデンは運ゲーの要素も強いため多少の割り切りは必要になると思う。
また無理に殺しにいかずタイムオーバー勝ちを狙うのも賢い。
ドロップは当てると約50%Pゲージが溜まり2回で1本、
開幕で2本持っていれば次のキャラも即死圏内に入ることになる。
1ドットでも体力が残っていればそこから殺されるキャラなので慎重に慎重に立ち回る事が必要だろう
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。